What's Up, Japan?

【勘違い】英語は海外へ行かないと習得できないと思っていませんか?【まだ間に合います】

【勘違い】英語は海外へ行かないと習得できないと思っていませんか?【まだ間に合います】

フィリピンって雄一フィリピン国内に居ながらにして英語でコミュニケーションできる人材が豊富に揃っている国だと思います。現地のタガログ語以外で、英語できちんとコミュニケーションできる、もう特別でもなんでもない。フィリピンってアメリカ国内でリトルマニラのような街が存在していないアジア唯一の国です。

コロナ禍のニューヨークで自粛生活を行なっているんですけど、この引きこもり期間、プログラミングの学習を再び始めました。やっぱり大量に時間があるので勿体無いと思ったのと、どうしても昔憧れていたエンジニアという分野にまだ少し未練があったのです。で、初めてみて驚いたこと、学習環境が素晴らしく進化していたことにビックしました。

ドットインストール、Progateなどの初心者講座で学習しているんですけど、あぁこんなサービスが私が独学でプログラミング学習してきたときにあったらなぁと素直に感動しました。学習しやすいんですよ、圧倒的に昔と比べたら。特に私のように自分で何が必要でどのようにしてそれを達成していこうかと描ける人にとってはもう道があるだけで充分です。

勝手に自分ペースでどんどん学習していける。これってホント楽というか環境が揃っていることに感謝です。そして更にプログラミングを駆使して創り上げるアプリとかソフトウェア開発環境も素晴らしいんです。コードを書くエディターもプログラマーに寄り添ったものに仕上がっているし、共同作業とかの環境も整っています。

要は自分がしっかりと進んでいく方向性を掴んでいるのならば、これほど整備された環境はない、ってぐらい今のプログラミング学習は整っています。で、思ったんですけど、これって何もプログラミングだけに限ったことではないな、と。YouTubeのお陰で動画という圧倒的な情報量が学習環境を充実したものに変えています。

【アフターコロナウィルス社会】これから何を勉強していけばいいのか、10代の君へ【新しい時代が始まる】イヤー、アメリカ社会、荒れています。どこかでこの自粛ストレスが爆発するんじゃないだろうか、と思っていたんですけど、きっかけを待っていたという感じでしょうか。凄い状況下です、今のアメリカ社会は。コロナウイルス危機にも対応しなくてはいけないし、経済も何とかしないといけない。で、アメリカ大統領選挙がある。...

高校生クイズ番組を観て驚いたこと

多くの日本人が苦労している英語習得だってそうです。学習環境が整っていて要はどれぐらい本人が英語習得したいという本気度が高いかどうか。だって日本に居ながらにして外国へ出かけることなく、それに今はコロナ禍という環境、自宅で、自分ペースで英語学習できる環境が整っているんです。後は本人が行動するかしないかという問題だけ。

インターネットというお陰で日本に居ながらにして海外の情報仕入れること、昔に比べてそんなに難しくないわけです、今は。YouTubeでCNNとか流したり、初心者向けの英語学習講座もネットにごろごろと転がっています。耳学習、リスニング強化ははっきり言って外国へ出かけなくても自宅でできます。本人の意欲次第ですけど・・・

会話だってフィリピン人がネットで家庭教師環境を提供してくれているじゃないですか。もう贅沢すぎるんです、そんなにお金かける必要もないし。日本に居ながら英語習得は絶対にできます。英語が公用語でない国で自国民が英語堪能な国はどこでしょうか?ヨーロッパって大体英語通じますし、英語できると言って良いでしょう、まぁ言語がローマ字ですし。

ではアジアではどうでしょうか?イギリス植民地だった香港は英語ができる人材、豊富に存在しています。シンガポールもイギリス植民地でしたけど独立したのち、英語を公用語にしてしまいました。驚いたのが韓国の実力。日本のような学歴社会ということもあり、教育熱心ですけど、韓国ではアジア通貨危機の際、国外へ移住した人が大勢います。

だから比較的、帰国子女の割合も多くて彼ら、彼女らは普通に英語できます。でももっと驚いたことに結構な割合で韓国国内で留学経験ない学生が英語、流暢なんです。昔何かのきっかけで韓国番組を見ていたら高校生のクイズ番組を放送していたんです。驚いたのが出演者全員英語で会話しています、で更にその学生たちは韓国にいる普通の学生だったんです。

多分幼少期から英語学習を行なっていて、今の若い人はそれほど英語というコミュニケーションツールに不快感がない。日本でも小学校とか中学校で教わる英語教育の質が受験英語ではなく、コミュニケーションツールとしての英語に変わってきていると聞いています。学生だけの特権とかではなくて、社会人でも中高年者でも英語習得は今からでもできます。

【新英語習得術】在米30年の私が勧める耳学問、英語が分かるとこんなにも得をする【動画で情報を得る時代へ適応】英語で情報を得ることができると何が良いのかというと、日本語に翻訳されるまで待つ必要がなくなることです。英語で直接情報を仕入れることができればその範囲は拡大に広がります。ではその際最低限何が必要かというと、読みと聴く、ではないでしょうか?受動的なんだけど、情報を取り入れる姿勢は積極的であると。...
【新英語習得術】英会話に挑戦しても長続きしないいつものあなたへ、新しい環境を構築皆さん、日本語を喋る時に使う口周りの筋肉と英語を喋るときに使う口周りの筋肉が違うって聞いてどう思いますか?英語、中々喋れないです、と悩んでいるあなた、普段、日本語で生活していたら英語なんて上手く喋れないのは当たり前です。だって英語を喋るために音読とかして口周りの筋肉を鍛えていますか?...

多くの日本人が苦労している英語習得だってそうです。学習環境が整っていて要はどれぐらい本人が英語習得したいという本気度が高いかどうか。だって日本に居ながらにして外国へ出かけることなく、それに今はコロナ禍という環境、自宅で、自分ペースで英語学習できる環境が整っているんです。後は本人が行動するかしないかという問題だけ。

アメリカ国内にリトルマニラは存在しない

フィリピンって雄一フィリピン国内に居ながらにして英語でコミュニケーションできる人材が豊富に揃っている国だと思います。現地のタガログ語以外で、英語できちんとコミュニケーションできる、もう特別でもなんでもない。フィリピンってアメリカ国内でリトルマニラのような街が存在していないアジア唯一の国です。

普通だったらリトル東京とかコリアンタウン、チャイナタウン、リトルサイゴン、とかタイ人街、ネパール人街とかって存在するんですけど、リトルマニラのような場所はアメリカにはありません。これってどういうこと?となるんですけど、フィリピン国内に居ながらにして英語対抗できているのでアメリカ社会に来ても特に変わった変化を起こさないんです。

英語で「Assimilate」っていうんですけど、日本語だと同化ですか。これをフィリピン国内にいながらにしてできているというか単純に英語対応できている、ということ。アメリカの企業がコールセンターをインドでまず立ち上げたんですけど、インド人の英語訛りがキツくでダメでした。で、次に行った国がフィリピン。

違和感なく英語でコミュニケーションができる国民、フィリピン人なんです。ここを日本人も目指すべきではないかと。日本国内に居ながらにして多くの英語をコミュニケーションツールとして扱える人材が大勢存在している。日本国内に居ながら外と繋がることができる。これはかなり有利に自分を展開できます。

今後益々少子高齢化社会が浸透していき日本社会はある程度、不安定になるかもしれません。経済的に困窮する人も増えるでしょう。でもそのときに海外と繋がっている手段を持っている個人は生き延びていくことができるのではないでしょうか。仕事をして稼ぐならば英語環境で戦う、というのが今後標準になってくると私は感じています。

【新英語習得術】地味だけどちょー大事、英語文法、英単語、手書きで確実に英語脳基礎を築き上げていく英語を習得したいという人は多いと思いますけど、皆さん、どのレベルを目指しているのでしょうか?ビジネスで必須という人もいれば、日常会話程度、という人もいるでしょう。海外旅行するのに不便さを感じない程度、というはいかがでしょう。難しですけど、私は英語ができる、というものから、英語で何ができるのかに思考を変えてはいかがでしょうか?...
【新英語習得術】iPadを利用して効率よく英語環境を整えていきましょう今年は英語をマスターするぞぉ、と意気込でいる人ってどれぐらいいるのでしょうか?英語コンプレックス、英語ぐらいはできないと、って思っている人、多いです。日本人は特に完璧主義ですし、英語ぐらいできないと、ということで劣等感を抱いている人もいるのではないでしょうか?でもそんなこと全然ないぐらいに日本人の本質って凄いんです。...

KPOP唯一の弱点

今世界中の若いティーンを魅了しているKPOPですけど私が思う唯一の弱点は歌を韓国語で歌っていることです。それでも良いんですけど、英語で彼ら彼女らKPOPアーティストが歌うことになったらもう最強でしょう、というか「BTS」は明らかに英語仕様を目指しています。アメリカン・ミュージック・アワード受賞、他のKPOPアーティストも続きます!

余談ですけど、日本女子ゴルフトーナメントで活躍している笹生優花プロ、もう間違いなしにアメリカLPGAでも活躍します、だってフィリピン国内ですでにアメリカ社会対応していますかあら、LPGA参戦しても違和感なしです。日本国内にいる間、海外へ向けて充分準備していた人は海外へ進出しても大丈夫です。「NiziU」も大丈夫だろうなぁ・・・

要は自分がしっかりと進んでいく方向性を掴んでいるのならば、これほど整備された環境はない、ってぐらい今のプログラミング学習は整っています。で、思ったんですけど、これって何もプログラミングだけに限ったことではないな、と。YouTubeのお陰で動画という圧倒的な情報量が学習環境を充実したものに変えています。

ABOUT ME
Kz
19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!
Knowledge Is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに『異なる環境へ適用する能力』だと思います。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになります。

当たり前のことですが成人してからの個人はすべて自己責任です。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなります。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい!

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われます。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうでしょう?例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってきます。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がるのです。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってきます。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができません。

まず何かを知ることからはじめたらどうでしょうか?無知は無恥につながるが何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思います。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはまし。

自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味に。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのでしょうか。自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんあります!!大前研一氏も言っています、

自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

想像して創造すれば君は何処へでも行ける!

同じカテゴリー内、お勧め記事です!っていうか読んで欲しい記事かなぁ・・・