What's Up, Japan?

【新英語習得術】地味だけどちょー大事、英語文法、英単語、手書きで確実に英語脳基礎を築き上げていく

【新英語習得術】地味だけどちょー大事、英語文法、英単語、手書きで確実に英語脳基礎を築き上げていく

英語が第二外国語である我々、日本人はネイティブよりも正確に使いこなす必要があるのです。しかし、難しい教科書に当たってしまうとそこで挫折してしまうので、ホント、基本的なことがカバーしてある教科書で十分だと思います。なぜなら英語文法の学習は永遠ではないからです。ある方程式、パターンを覚えて単語を入れ替えていくだけ。

シュークリーム
シュークリーム
日本人は英語の学習という感じで捉えています。英語はツールであり、それを使って何をするのか?という視点で取り組んでほしいです。コミュニケーションとしてのツールであるなら、読み書きは捨ててもいいかもしれまっせん。
iPad活用術、英語習得のための三つのステップ
  1. 文法・書く
  2. 読む・聞く
  3. 話す
私がiPadを利用して英語能力を維持している方法
  • アマゾン・キンドルで英語本を読む
  • オーディブルで英語本を聞く

英語を習得したいという人は多いと思いますけど、皆さん、どのレベルを目指しているのでしょうか?ビジネスで必須という人もいれば、日常会話程度、という人もいるでしょう。海外旅行するのに不便さを感じない程度、というはいかがでしょう。難しですけど、私は英語ができる、というものから、英語で何ができるのかに思考を変えてはいかがでしょうか?

2020年代が始まりました。5G導入で今後は動画で情報を得ることがもっと普通になってきます。そうすると日本語で発信される情報より英語で発信される情報の方が圧倒的に質、量、とも日本語のそれを大きく上回るわけです。仕入れる情報量が人より多ければそれだけ選択肢も増えますし、変化への対応力も幅広く準備できそうです。

そうなんです、これからの時代、英語で仕事ができるというのは武器になります。同一労働、同一賃金、という厳しい時代は何を意味しているのでしょうか?自分で稼げる力を身につける、ということでしょうか?英語体力を身につける。アメリカ生活30年以上の私がお薦めする英語習得術はiPadを利用しての文法・書く、読む・聞く、そして話す、です!

ロールケーキ
ロールケーキ
日本人が英語をツールとして生産性を高めることができるのならば、もっと日本社会も風通しの良いものになっているかもしれません。一つの価値観に囚われることなく、自分らしく自分の人生を選択していけるのではないかと、感じております。

そうなんです、これからの時代、英語で仕事ができるというのは武器になります。同一労働、同一賃金、という厳しい時代は何を意味しているのでしょうか?自分で稼げる力を身につける、ということでしょうか?英語体力を身につける。アメリカ生活30年以上の私がお薦めする英語習得術はiPadを利用しての文法・書く、読む・聞く、そして話す、です!

【必勝法】学生ならばiPadを活用して勉強するべき!なぜiPadが必要なのか?そしてその理由とは?皆さん、ユーチューブ見てますか?5Gの時代到来、これからどんどんユーチューブコンテンツは内容豊かになっていくでしょう。最近だと教育系チャンネルが増えたような気がします。一人でいろいろなトピックを喋っている系、テロップが入っていて、わかりやすく解説してくれるチャンネル、増えたような気がしませんか?...
【ライバルに勝つ】社会人ならばiPadを活用して生産性を上げるべき!その理由とは?スマートフォンは日本社会でもそれなりに浸透してきているのでしょうか?子供が利用している例は耳にしますが、高齢者は?少子高齢化社会、高齢者がスマートフォンを利用するようになったらできること、たくさんあるような気がしませんか?それがもしiPadのレベルにまで行っていたら、日本社会、快適さを増しているだろうな、と想像できませんか。...
【ボケ予防】高齢者ならばiPadを活用して主体的に人生を生き抜くべき!なぜiPadが必要なのか?そしてその理由とは?孤独死のニュース、最近多く聞くようになったなぁ、と感じるのは私だけでしょうか?死後何日も経ってから発見される高齢者たち。人生最後の瞬間、どんな気持ちだったんでしょう?あぁ、困難じゃなかったのになぁ、と感じているのでしょうか?絶望感でしょうか、それとも達成感でしょうか?高齢者になっても孤独感を感じないで生きるとは難しいのでしょうか?...

なぜ一番大事なのが文法なのか?

まず英語文法の法則は永遠ではありません。あるパターンを覚えて、そのパターンにそって単語を変えならば文章を作っていく。この作業の繰り返してであって、その法則さえ覚えて仕舞えば基礎体力の柱はできたようなものです。

この英語文法を習得する際にお薦めするのがiPadを利用すること。iPadのスクリーンを二分割で利用します。一つにはキンドルで英語文法教科書を開き、もう一方でノートアプル、例えば「GoodNotes5」とかを開きます。そして教科書を見ながら英語文法の法則をノートに書き写していく。この書くという作業が学力定着につながるからちょー大事です。

一つ前のブログ記事でも紹介した三冊はテキスト対応しかしていないので、教科書を買っていただくことになりますが、上に紹介した英語文法教科書はキンドル対応している中で私が見つけた一番わかりやすい教科書です。文法は難しい教科書を買ってはダメです。アメリカ人の中でも「You is 」とか言ってしまう人、存在しています。

英語が第二外国語である我々、日本人はネイティブよりも正確に使いこなす必要があるのです。しかし、難しい教科書に当たってしまうとそこで挫折してしまうので、ホント、基本的なことがカバーしてある教科書で十分だと思います。なぜなら英語文法の学習は永遠ではないからです。ある方程式、パターンを覚えて単語を入れ替えていくだけ。

書くという作業をきちんとこなしていけば、英語体力の基礎部分はあなたの血肉となるはずです。ここをクリアーできれば、英語ネイティブを恐ることはないので自信を持って世界へ飛び出していきましょう。

単語集というか英語言語能力を高めるための教科書です。これ一冊で大丈夫。ちょっと大変ですけど、この一冊をマスターすればアメリカの大学へ留学することに億劫でなくなる自分を発見するでしょう。英語圏で仕事をすることに躊躇しなくなる自分を発見することにもなるでしょう。英語単語にはある規則があるのでその学習法で勉強していけば、あなたの英語言語能力は一気に倍増するはずです。

ドーナッツ
ドーナッツ
知っている単語は多い方が有利ですけど、普段使わない単語を覚えていてもいつそれを役に立てるのか?と感じているのならば、自分が英語をツールとして利用する範囲の単語だけ覚えていれば充分です。

単語集というか英語言語能力を高めるための教科書です。これ一冊で大丈夫。ちょっと大変ですけど、この一冊をマスターすればアメリカの大学へ留学することに億劫でなくなる自分を発見するでしょう。英語圏で仕事をすることに躊躇しなくなる自分を発見することにもなるでしょう。英語単語にはある規則があるのでその学習法で勉強していけば、あなたの英語言語能力は一気に倍増するはずです。

なぜiPadなのか?

人類が生活習慣の中で初めて経験するデバイスを手にしています。生活空間の中のあらゆるものがiPadのアプリを通して繋がる。IoTの可能性、iPadのアプリを通して管理・運営・最適化する。まだまだ進化していくはずです。理由はもっと多くのアプリが誕生してきて私たちの生活を便利に、そして快適に過ごせるようアップデートし続けることが予想されるからです。

私はiPadを手にしたことで、テレビを大画面で見ることがなくなりました。私はiPadを手にしがことで、本を購入するとき「Kindle」を利用して瞬時に読むことが可能になりました。本の収納場所を考える必要もありません。私はiPadを手にしたことで、映画館へ行くことがなくなりました。私はiPadを手にしたことで、サムネを作る作業の生産性が上がりました。

違うアプリを同時に二つ、立ち上げてiPadを利用していく。5G時代からiPadを取り入れた生活習慣の始まりです。あなたの創造性を発揮してください!そして便利なiPad活用法は拡散して、多くの人が利用できるようにしてください。情報力と経済力は比例します。質の良い情報を取り入れて稼ぐ力を養えば、あなたはサバイバルできるはずです!

【新英語習得術】iPadを利用して効率よく英語環境を整えていきましょう今年は英語をマスターするぞぉ、と意気込でいる人ってどれぐらいいるのでしょうか?英語コンプレックス、英語ぐらいはできないと、って思っている人、多いです。日本人は特に完璧主義ですし、英語ぐらいできないと、ということで劣等感を抱いている人もいるのではないでしょうか?でもそんなこと全然ないぐらいに日本人の本質って凄いんです。...
【新英語習得術】在米30年の私が勧める耳学問、英語が分かるとこんなにも得をする【動画で情報を得る時代へ適応】英語で情報を得ることができると何が良いのかというと、日本語に翻訳されるまで待つ必要がなくなることです。英語で直接情報を仕入れることができればその範囲は拡大に広がります。ではその際最低限何が必要かというと、読みと聴く、ではないでしょうか?受動的なんだけど、情報を取り入れる姿勢は積極的であると。...
【新英語習得術】英会話に挑戦しても長続きしないいつものあなたへ、新しい環境を構築皆さん、日本語を喋る時に使う口周りの筋肉と英語を喋るときに使う口周りの筋肉が違うって聞いてどう思いますか?英語、中々喋れないです、と悩んでいるあなた、普段、日本語で生活していたら英語なんて上手く喋れないのは当たり前です。だって英語を喋るために音読とかして口周りの筋肉を鍛えていますか?...

5G導入で今後は動画で情報を得ることがもっと普通になってきます。そうすると日本語で発信される情報より英語で発信される情報の方が圧倒的に質、量、とも日本語のそれを大きく上回るわけです。仕入れる情報量が人より多ければそれだけ選択肢も増えますし、変化への対応力も幅広く準備できそうです。

ABOUT ME
Kz
19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!
Knowledge Is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに『異なる環境へ適用する能力』だと思います。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになります。

当たり前のことですが成人してからの個人はすべて自己責任です。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなります。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい!

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われます。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうでしょう?例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってきます。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がるのです。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってきます。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができません。

まず何かを知ることからはじめたらどうでしょうか?無知は無恥につながるが何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思います。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはまし。

自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味に。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのでしょうか。自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんあります!!大前研一氏も言っています、

自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

 

想像して創造すれば君は何処へでも行ける!

同じカテゴリー内、お勧め記事です!っていうか読んで欲しい記事かなぁ・・・