What's Up, Japan?

【若返り】コロナウィルスで亡くなっている年齢層から不老不死の未来が見えてくる【人生100年時代】

【若返り】コロナウィルスで亡くなっている年齢層から不老不死の未来が見えてくる【人生100年時代】

では今現在70歳以上の人には希望がないのか?もし70歳以上の人が50歳代の健康体を得ることができるのならば医学はそこへ向かうはずです。もし35歳ぐらいの健康体が永遠に手に入るのならば、もう間違いなく医学、医療はそちらの方へ進んでいくのではないでしょうか。不老不死、不死はまだ先のことになりそうですけど不老ならば。

皆さん、音声メディアの活用ってしまます?例えば「Voicy」とか「Himalaya」とかのアプリをダウンロードして音声メディアを利用している人ってどのぐらいいるのでしょう。ラジオ感覚で聞くことができるので、基本聞き流しでOKというのが良くて、ユーチューブのように視覚、聴覚と駆使しなくても良いんです。

これが今後、流行るであろうと今からポジション取りをしようと動いている人もいるんですが、私がフォローしている人で、キンコン西野氏が毎日上げてくる音声メディアの中で面白いものがあったので紹介します。まぁメディアが報じている新型コロナウィルスに関する数字のことでしてここから何が読み取れるのか?

Voicy [ボイシー] - 今日を彩るボイスメディア

Voicy [ボイシー] – 今日を彩るボイスメディア

Voicy, Inc.無料posted withアプリーチ

himalaya - 音声配信/オーディオブック-ヒマラヤ

himalaya – 音声配信/オーディオブック-ヒマラヤ

Himalaya Media Inc.無料posted withアプリーチ

70歳以上になると死亡率は高くなる

新型コロナウィルス死亡率、メデイアが報じている数字で最近の傾向としては、50歳代以下の死亡率0.5%以下、ほとんどの方は亡くなっていないということです。感染していたとしても無症状と言うのであれば普通の日常生活、したいし自粛生活なんてありがた迷惑と思っている人が多いのは納得できます。ほとんどの方は亡くなっていませんから。

しかしこれが高齢者になると死亡率はグーンと高くなります。80歳代で30.2%、90歳代で33.9%、100歳以上だと75%、4人中3人の方が亡くなっていると言う事実。どうも70歳あたりから死亡率が高くなると言われている傾向は数字が証明してくれています。じゃ、ここでコロナウィルスが流行していなかったとき、高齢者の死亡率はどうなんだろうと?

コロナウィルスが流行していなかった頃の数字、厚生労働省が簡易生命表というものを出していて、それによると70歳代で基礎疾患を持っていな人も含む死亡率は急激に高くなるそうです。これが90歳代だと死亡率30%、100歳以上で結構な方が亡くなり、105歳以上になると100%の方が亡くなると言う数字が出ています。

これによって明らかになることは何か?基礎疾患を持っていようが、持っていな人でも、コロナウィルスに感染した人、感染していない人でも、70歳以上になると基本人間の死亡率は高くなるということです。コロナウィルスだけが原因ではないと。私が思うにコロナウィルスが原因で経済活動を自粛すること、その内無視する人が多くなるだろうなぁ、と。

これによって明らかになることは何か?基礎疾患を持っていようが、持っていな人でも、コロナウィルスに感染した人、感染していない人でも、70歳以上になると基本人間の死亡率は高くなるということです。コロナウィルスだけが原因ではないと。私が思うにコロナウィルスが原因で経済活動を自粛すること、その内無視する人が多くなるだろうなぁ、と。

SarsとMarsの対応

Sars(重症急性呼吸器症候群)とMars(中東呼吸器症候群)の対応を見ればこれからどのような世の中になるのか見えてくるのではないでしょうか。未だにこれらウィルスに対するワクチンは開発されていなく、問題も解決していません。でもどうでしょう、それらが流行した国々では経済活動、いつの間にか再開しているわけでして、コロナウィルスもそのような感じになるのではないか。

SarsとMarsの対応を見ればこれからどのような世の中になるのか見えてくるのではないでしょうか。未だにこれらウィルスに対するワクチンは開発されていなく、問題も解決していません。でもどうでしょう、それらが流行した国々では経済活動、いつの間にか再開しているわけでして、コロナウィルスもそのような感じになるのではないか。

感染しても死なない、となったら自分の経済活動を優先させるのは当たり前、生きていかなくてはいけませんから。偶々今回のコロナ禍が世界中の人々を巻き込んでいるので大問題となっていますが、ワクチンが開発されても完璧に防御できる保証はなく、SarsとMarsのときと同じように感染しても死なない人は普通の生活に戻っていくと思います。

スウェーデンが行っているような対応をどこの国も受け入れるのではないか。人っていつかは死ぬ、と言う暗黙の了解のもと、死にたくなかったら健康的で若々しくいられるように普段から運動をしたり、食生活を規則正しいものに切り替えて行ってください、と。70歳以上になると急激に死亡率は高くなるって数字が出ていますから。

コロナウィルスとは共存共栄の世界へ

死にたくなかったら基礎疾患を持たない体を維持すること、これに尽きると思います。要は50歳以前の健康体を維持する。70歳以上は亡くなる死亡率が高くなる現実、コロナウィルスに感染しようが、基礎疾患がなかろうが、死亡率は高くなる。これが事実です。だとしたら今50代、60代の人は70歳以上にはなりたくないはずです。

健康寿命を伸ばすとはよく言ったもので、いくら寿命が伸びようと、ベットで寝たきりのまま、90歳とか100歳も迎えてもあんまり生きている意味がないと言うか、楽しさを見出せないのではないでしょうか。50歳代の健康をフィジカル、メンタルで手に入れる。このことが人々の意識の中に刷り込まれて生きていく世の中になるような気がしています。

健康寿命を伸ばすとはよく言ったもので、いくら寿命が伸びようと、ベットで寝たきりのまま、90歳とか100歳も迎えてもあんまり生きている意味がないと言うか、楽しさを見出せないのではないでしょうか。50歳代の健康をフィジカル、メンタルで手に入れる。このことが人々の意識の中に刷り込まれて生きていく世の中になるような気がしています。

では今現在70歳以上の人には希望がないのか?もし70歳以上の人が50歳代の健康体を得ることができるのならば医学はそこへ向かうはずです。もし35歳ぐらいの健康体が永遠に手に入るのならば、もう間違いなく医学、医療はそちらの方へ進んでいくのではないでしょうか。不老不死、不死はまだ先のことになりそうですけど不老ならば。

70歳に達した時の身体にならなければ良いのですから、今70歳以上の人はそれよりも前の50歳代とか30歳代の身体を手に入れることに興味があるでしょうし、今50歳代、60歳代の人はなんかこのままの健康状態を保とうとすると思います。長生きしたくない、と言う人もいると思いますが私は10年後、20年後の便利になった世の中を見て体験したいです。

遺伝子工学、生物工学、ロボティックス

iPS細胞による臓器移植、臓器を3Dプリンターで製造、自分の体に移植する(新しいものに取り換える)。もう一つの選択肢、人間の体の一部をロボット、アンドロイドに交換してしまう。機械、またはバイオロジーとロボティックスが融合して限りなく人体に近いロボットアーム、ロボット四肢ができてしまえば、筋肉は永遠に衰えないなど。

いずれにせよ、70歳以上の身体にならないことを人類は目指すはずです。そこをクリアーした人類はどのような意識下の中、生きているのか想像するのが難しいですけど、人々はいろいろなことに挑戦するはずです。体力で勝負できる、精神的にも挑戦しやすい、仕事をしなくても好きなことだけやって生きていけるとしたら、あなたは何をしますか?

【アフターコロナウイルス社会】危機の時に発達したテクノロジーが人類の未来を明るくする髪の毛、伸びてきて、もううざったいなぁ、お世話になっているスタイリストさんはスーツケースまとめて日本へ帰ってしまったしどうしよう、自分でバリカンでも使ってみるか、ネットで2ブロックなるもの発見、トライしてみよう、で終了後なんかおちんちんの亀頭みたいになってしまい、鏡を見ながらゲラゲラ笑っている今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?...
【希望】ワクチン開発スピードは指数関数的恩恵を受けている【健康的でいれば助かる可能性有り】今月15日からニューヨークでは、少しずつ経済が動き出そうとしています。フェーズ1の建設業と製造業の人たちから仕事復帰できるそうです。続いてフェーズ2、フェーズ3、フェーズ4となっていくんですけど、自粛生活からもう少しで2ヶ月ですけど、流石に辛いです、外に出ないと。毎日、コーヒーを買いにちょっとした外出をしています。...

新型コロナウィルス死亡率、メデイアが報じている数字で最近の傾向としては、50歳代以下の死亡率0.5%以下、ほとんどの方は亡くなっていないということです。感染していたとしても無症状と言うのであれば普通の日常生活、したいし自粛生活なんてありがた迷惑と思っている人が多いのは納得できます。ほとんどの方は亡くなっていませんから。

ABOUT ME
Kz
19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!
Knowledge Is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに『異なる環境へ適用する能力』だと思います。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになります。

当たり前のことですが成人してからの個人はすべて自己責任です。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなります。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい!

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われます。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうでしょう?例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってきます。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がるのです。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってきます。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができません。

まず何かを知ることからはじめたらどうでしょうか?無知は無恥につながるが何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思います。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはまし。

自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味に。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのでしょうか。自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんあります!!大前研一氏も言っています、

自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

想像して創造すれば君は何処へでも行ける!

同じカテゴリー内、お勧め記事です!っていうか読んで欲しい記事かなぁ・・・