What's Up, Japan?

【近未来】自分をアップグレードする人間たち、アップグレードできない人間たち【日本人の選択肢】

【近未来】自分をアップグレードする人間たち、アップグレードできない人間たち【日本人の選択肢】

生まれてくる子供には鬱の症状を体験させたくない、悲しみや苦しみ、憎しみという感情を抱かないようにデザインしてくれ。それが可能となっている近未来の人類の意識レベルはどこにあるのでしょう。確実なのはこれから人類は自分のプライベートと引き換えにどんどん便利な仕組みを取り入れていく選択をするはずです。

全身麻酔の仕組みが解き明かされた、というニュースが上がっていました。「100年以上謎だった、なぜ全身麻酔で人は意識を失うのか、がようやく解明へ」という内容でしてニューロンの発火能力が「凍結」されるのです。また一つ脳内ハックが完了、今イーロン・マスク氏は脳と繋ぐデバイスを開発しているそうですから、私たちは人間じゃなくなっていきます。

iPS細胞で臓器を移植したり、古くなって使えなくなった関節や筋肉を入れ変えたり、身体の仕組みがドンドン解き明かされ、より健康に、より若く、より長寿を目指すようになるのです。こんな話を聞いて、自分はいつまでも人間らしくいたい、と考えてアップグレードなんて気持ち悪くて不気味というあなた、来年にはアップグレードしようとしているんです。

コロナウイルスワクチンは人間をアップグレードすること。新しいウイルスが確認されたらワクチンをアップグレードしていく。こうして生存していきたいという欲求に応えるため、人類はアップグレードを何の疑問を持つことなく取り入れていくことでしょう。もちろん、そこにはそのようなアップグレードを取り入れることができない人も存在してきます。

【希望】ワクチン開発スピードは指数関数的恩恵を受けている【健康的でいれば助かる可能性有り】今月15日からニューヨークでは、少しずつ経済が動き出そうとしています。フェーズ1の建設業と製造業の人たちから仕事復帰できるそうです。続いてフェーズ2、フェーズ3、フェーズ4となっていくんですけど、自粛生活からもう少しで2ヶ月ですけど、流石に辛いです、外に出ないと。毎日、コーヒーを買いにちょっとした外出をしています。...

コロナウイルスワクチンは人間をアップグレードすること。新しいウイルスが確認されたらワクチンをアップグレードしていく。こうして生存していきたいという欲求に応えるため、人類はアップグレードを何の疑問を持つことなく取り入れていくことでしょう。もちろん、そこにはそのようなアップグレードを取り入れることができない人も存在してきます。

アップグレードされた人間

アップグレードできる人は何を目指す?
  • 不老、不死を目指す人たち
  • 生化学系幸福を追求できる人たち
  • 神の領域へ入ることができる人たち

コロナウイルスは比較的、高齢者がウイルスに負けて亡くなっています。だとすると、ワクチンを取り入れることは即ち、不死を目指していることと同じではないでしょうか。高齢者で基礎疾患があることは危険となると、不老を目指すようになることも確かです。このワクチンは高齢化を防ぐ、となったら飛びつく人、たくさんいるでしょ。

生化学系幸福とは例えば、今コロナウイルス疲れから鬱気味という症状を抱えていたとします。この状態から逃れるためにアルコールに依存したり、薬物に依存したりして、そこから逃亡しようとしているわけです。これが医療目的で最初は使用OKとなっていたマリファナが段々と取り入れる敷居が下がってくるようになる。

もっとすると、悲しみは憎しみと言った感情を今後一切欲しくない、幸せで、楽しい、ハッピーな感情にいつも包まれていたい、といったことを可能にするため、生化学系幸福が利用されるようにはずです。それが薬によって脳内に変化を促すようにするのか、それとも脳味噌と直接繋がったデバイスによってある部分をコントロールしようとするのか。

こうなるとどんどんエスカレートしてきます。もし自分の遺伝子を抱えた赤ん坊が、生活習慣病、癌、その他の病気にかかるリスクのある遺伝子を受け継いでいるとしたらそれを生まれる前に取り除きたいと思いませんか?生まれる前にコロナウイルス対応の遺伝子を組み込んでおく。遂に人類は神の領域へと侵入し始めます。

生まれてくる子供には鬱の症状を体験させたくない、悲しみや苦しみ、憎しみという感情を抱かないようにデザインしてくれ。それが可能となっている近未来の人類の意識レベルはどこにあるのでしょう。確実なのはこれから人類は自分のプライベートと引き換えにどんどん便利な仕組みを取り入れていく選択をするはずです。

デザインベービーが欲しい、ではあたなの情報が必要です。バイオから始まってあなたのすべての情報が必要で、その集まった情報を下に最適化するよう操作します。データー至上主義者へと歩んでいくのです。もしあなたが今、Facebookやインスタブラムの投稿にいいね、ボタンを押しているようなら、データーを献上しているのと一緒です。

この人はこのようなことに好意感を抱くんだ、という情報がどんどん蓄積されていき、やがて幸福だけの感情、楽しい、嬉しい、ハッピーな感情だけに包まれていたい、ということが容易くできるように今は仕込んでいるのです。不老、不死のためにも情報を与え、最適化を目指す。プライベートを捨てるならば、あなたの生活は最適化されていくはずです。

もっとすると、悲しみは憎しみと言った感情を今後一切欲しくない、幸せで、楽しい、ハッピーな感情にいつも包まれていたい、といったことを可能にするため、生化学系幸福が利用されるようにはずです。それが薬によって脳内に変化を促すようにするのか、それとも脳味噌と直接繋がったデバイスによってある部分をコントロールしようとするのか。

アップグレードできない人間

人類、すべての人々がこれらの恩恵を受けるでしょうか。医療は健常者を益々健康にするために使われることは確かです。つまり、病気の人を助ける代わりに病気にかからないように医学は利用されるようになる、と。医療費削減となったらそっちを選ぶ方がコスト面でも良いとなったら、進んでいく方向は明確です。

ではアップグレードできない人はどうなるのでしょう。家畜のように扱われるかもしれません。民主主義やヒューマニズムがその時代まで機能してれば良いんですけど。豚や牛がただただ人間の食料のためだけに育てられ、痛み、苦しみ、などの感情は無視されたまま屠殺されていく。アップグレードした人間はアップグレードできていな人をどのように扱うのか?

どちらが幸せだろう、決めるのは自分

中には自分には不老、不死も必要ない、自然に生き、死を迎えるのみ、という選択をする人も現れるはずです。アップグレードはいらないと。悲しみも苦しみを人間が抱く自然な感情であり、人間を人間たらしめている証だとしてあくまで自然なスタイルを志す。デザインベービーなど必要ない、という選択をする人もいるでしょう。

日本やその他の先進国に居ればできる可能性のある選択肢。自然豊かな環境、食文化豊かな環境。データーをGAFAMやBATHBに上げないでアナログで生きていくという選択肢。アップグレードに乗り遅れるのは強迫でしかないと言って拒否する人も出てくるはず。自然ナチュラル派、人間本来の生き方ができれば良いという生き方を指示するのです。

野生になる、自給自足、超近代的狩猟社会という選択肢はデーター至上主義の正反対を行くものです。そこでは管理されることなく、自由に暮らしていく。病気にかかるのも自然な成り行きに任せる。アナログ回帰を目指す人も出てくるでしょう。これらの選択をできる人は先進国に限られるのではないでしょうか。

選択肢があるだけで、贅沢。世界中のアップグレードできない貧困者層は搾取され、家畜のような扱いを受けるだけの存在に陥っているかもしれません。アップグレードされ続けるも良し、アップグレードを退けるも良し。私個人はアップグレードしていきたい考えの持ち主です。俺、エラ呼吸できるようにアップグレードしたんだぁ、海、好きなだけ潜れるゼぇ。

この人はこのようなことに好意感を抱くんだ、という情報がどんどん蓄積されていき、やがて幸福だけの感情、楽しい、嬉しい、ハッピーな感情だけに包まれていたい、ということが容易くできるように今は仕込んでいるのです。不老、不死のためにも情報を与え、最適化を目指す。プライベートを捨てるならば、あなたの生活は最適化されていくはずです。

ABOUT ME
Kz
19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!
Knowledge Is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに『異なる環境へ適用する能力』だと思います。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになります。

当たり前のことですが成人してからの個人はすべて自己責任です。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなります。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい!

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われます。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうでしょう?例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってきます。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がるのです。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってきます。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができません。

まず何かを知ることからはじめたらどうでしょうか?無知は無恥につながるが何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思います。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはまし。

自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味に。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのでしょうか。自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんあります!!大前研一氏も言っています、

自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

 

想像して創造すれば君は何処へでも行ける!

同じカテゴリー内、お勧め記事です!っていうか読んで欲しい記事かなぁ・・・