Kz

【Progateで学習】PHPコースを完了した感想、基礎を学んで自信をつけよう【50代から始めるプログラミング】

【Progateで学習】PHPコースを完了した感想、基礎を学んで自信をつけよう【50代から始めるプログラミング】

英語もプログラミングも習得していると自分を守ってくれると思います。海外と、日本の外と接点を持つ。このことは非常に大事でこれから少子高齢化社会を感じることが日常の光景として目の前に迫ってきた時、多くの日本人は慌てると思います。そんな風に慌てることなく海外との接点を持つことができるならば、これからのIT時代もサバイバルできる。

去年終わり頃からプログラミング学習を始め、今年に入ってPHPをProgateで学び始めました。HTML、CSSなどは過去に独学で学んでいたので、プログラミング学習を再び始めるのには物足りなかったんですけど、私はWordPressを2005年ごろから使っていたので、PHPには親しみがありました。だから最初の言語はPHPとなったわけです。

まずProgateでPHPのコースを完了してみての感想は、頑張ってやり遂げて良かった、ということ。基礎文法は独学で過去、勉強していたので大丈夫だったんですけど、foreach文は初めてでした。そしてオブジェクト指向という技術も初めてでした。ここが難関で、自分でもできるだろうかと不安でしたが、Progateの学習は初心者向けなので達成できます。

コース1で基礎的PHP文法を確実に理解して、早い段階で道場コースへと進みます。ここでarrayを使った処理、合計金額の出し方、最高値商品の金額と商品の出し方を学んで理解しておくと、それ以後のコース2、3、4で学習していく上で役に立ちます。特にforeach文はその後のコースでよく使われていたので簡単にソースを書けるようにしましょう。

コース2、3、4、では簡単なレストランメニューのウェブアプリケーションですけど、ここでオブジェクト指向を学んでいきます。ザックリですけど、変数と関数をたくさん作って混乱するのを防ぐ手法というか、変数と関数をクラスという単位でまとめて処理を進めていくのがオブジェクト指向というものなのでしょうか、私はそのように捉えました。

最初は理解するのが難しく、ゲッターとかセッターの処理はただコードを書いていくだけでしたが、私はコースを8回ぐらい繰り返して学習すると決めていたので、3、4回、5、6回と進めていくうちにゲッターは変数をプライベート記述したときに必要な処理で、コンストラクターと一緒に記述するとか、理解できるようになります。

その上でextendsの使い方、クラスプロパティー、クラス関数、とかがどのように使われて、なんでこの処理が必要なのかが理解できてきます。ゲッターも理解できればセッターがなぜ必要でどのように利用するのかも理解できます。コースを進めていくと、コース1で習った空配列の扱い方とか、if文を使ったコーディングが役に立ちます。

特に良かったと思ったのがforeach文の書き方、使い方を理解したことでしょうか。クラス処理をまとめてクラス処理専用のPHPページにまとめておき、それをIndexページとかで呼び出すときにforeeach文などがこのProgateのPHPコースでは使われていました。簡単なウェブアプリケーションでしたけど、PHPの仕組みを理解できたことはよかったです。

ブログで利用しているWord Pressですけど、endif、endfor、endforeach、何なんだろう、とWordPressのソースコードを見るたびに思っていたんですけど、やっと謎がわかった感じ。オブジェクトに関する技術は他にも例外処理とか、インターフェイス、トレイト、抽象メソッドなどがあるんですけど、初心者はProgateで基礎を学ぶのがいいと思います。

学んだ技術は少ないですけど、確実に理解していく上で、ProgateのPHPコースは理解するまで繰り返し学習してよかった思っています。今は他の学習サイト、PaizaでPHPを学んでいるんですけど、Progateで基礎を学んでおくとPaizaで学習していく上で、非常に役立ちます。Paizaでは演習問題があり、自分で変数を作ってコードを組み立てていきます。

こうしたことはPHPで変数とか関数は何を求めるために必要な記述だとかの理解がないと、演習問題などを解いていくのは難しくなってくるからです。私はPaizaでPHPコースを学んで、次にドットインストールでPHPコースを学んでいこうと考えています。PHPとMySQLはWordPressでは必須の技術なので学ぶのを楽しみにしています。

英語の勉強をしておいて良かった

プログラミング学習していて思うんですけど、英語勉強をしておいて良かったと。基本、プログラミングって機械言語を人間がわかりやすいようにロジックにそって作り上げたものだと思っています。だから英語を習得している人にはプログラミングの構文、文法などが違和感なく入ってきます。これは大きなアドバンテージだったなぁ、とつくづく感じるわけで。

例えば、extends、construct、function、private、switch、とかなんですけど、英語が理解できていないとこれらの単語をまず調べることから始めないといけないわけです。でも英語の習得ができていれば、これらの意味するところ、これから記述していく仕様書は何が起ころうとしているのか、大体のアイデアが掴めます。これは本当に助かったと。

そうするとプログラミングも所詮言語なんで、語学の勉強と変わらない気がしてきます。私が思う語学を習得する上での、一番大切なところはまず文法です。そして読み、聞く、で書く、最後が話すです。プログラミングでいうと、まずプログラミング言語の文法、後はひたすらコードを書いていく。英語の勉強でも私はある程度、写経をしていました。

そうすると英語のリズムというものを掴んできて、それが読みにも、聞くにも、話すにも応用がきくようになり、私の英語力は増していきました。プログラミングも一緒だと思っています。まず言語の文法を習得する。で、そのあとはひたすらコードを記述していく。最初はロジックが分からなくても書いていくうちにプログラミングのリズムを掴める気がします。

あぁここではこのように記述して、ここの答えを導き出しているんだぁとか。まだまだ学習不足ですけど、語学と一緒でコツコツと時間を積み重ねて学習していくんです。そうすると最初は理解できなかったコード記述も段々と把握してきます。だから最初、大変だけど文法を理解することに努める。そうするとプログラミングも語学と一緒なんです。

英語のようなローマ字に適応すれば他の言語、ローマ字を使う言語にも違和感なく入れます。例えばスペイン語を習う、そうするとそこからフランス語、イタリア語、ポルトガル語を習う際に学習コスト、時間を短縮することができます。文法が似ていたり、単語が似ていたり。プログラミングも一緒で基礎文法というか考え方は似たような仕様になっています。

【新英語習得術】iPadを利用して効率よく英語環境を整えていきましょう今年は英語をマスターするぞぉ、と意気込でいる人ってどれぐらいいるのでしょうか?英語コンプレックス、英語ぐらいはできないと、って思っている人、多いです。日本人は特に完璧主義ですし、英語ぐらいできないと、ということで劣等感を抱いている人もいるのではないでしょうか?でもそんなこと全然ないぐらいに日本人の本質って凄いんです。...
【新英語習得術】地味だけどちょー大事、英語文法、英単語、手書きで確実に英語脳基礎を築き上げていく英語を習得したいという人は多いと思いますけど、皆さん、どのレベルを目指しているのでしょうか?ビジネスで必須という人もいれば、日常会話程度、という人もいるでしょう。海外旅行するのに不便さを感じない程度、というはいかがでしょう。難しですけど、私は英語ができる、というものから、英語で何ができるのかに思考を変えてはいかがでしょうか?...
【新英語習得術】在米30年の私が勧める耳学問、英語が分かるとこんなにも得をする【動画で情報を得る時代へ適応】英語で情報を得ることができると何が良いのかというと、日本語に翻訳されるまで待つ必要がなくなることです。英語で直接情報を仕入れることができればその範囲は拡大に広がります。ではその際最低限何が必要かというと、読みと聴く、ではないでしょうか?受動的なんだけど、情報を取り入れる姿勢は積極的であると。...
【新英語習得術】英会話に挑戦しても長続きしないいつものあなたへ、新しい環境を構築皆さん、日本語を喋る時に使う口周りの筋肉と英語を喋るときに使う口周りの筋肉が違うって聞いてどう思いますか?英語、中々喋れないです、と悩んでいるあなた、普段、日本語で生活していたら英語なんて上手く喋れないのは当たり前です。だって英語を喋るために音読とかして口周りの筋肉を鍛えていますか?...

日本の外へ脱出できる

英語もプログラミングも習得していると自分を守ってくれると思います。海外と、日本の外と接点を持つ。このことは非常に大事でこれから少子高齢化社会を感じることが日常の光景として目の前に迫ってきた時、多くの日本人は慌てると思います。そんな風に慌てることなく海外との接点を持つことができるならば、これからのIT時代もサバイバルできる。

プログラミングできる人は是非、海外で、日本の外で、仕事の受発注ができるよう、自分の将来の方向性を定めて準備すると良いでしょう。少子高齢化社会が絶望的に迫ってきても焦ることもなく、どこでも生きていけるという自信を与えてくれるもの、それが英語習得とプログラミング習得だと思っています。

【勘違い】英語は海外へ行かないと習得できないと思っていませんか?【まだ間に合います】今私、コロナ禍のニューヨークで自粛生活を行なっているんですけど、この引きこもり期間、プログラミングの学習を再び始めました。やっぱり大量に時間があるので勿体無いと思ったのと、どうしても昔憧れていたエンジニアという分野にまだ少し未練があったのです。で、初めてみて驚いたこと、学習環境が素晴らしく進化していたことにビックしました。...
【在宅海外留学のススメ】英語を使いこなしている日本人を想像できるか【未来教科書】今から400、500年前、嫌もっと近代になって江戸時代ぐらいですか、文字の読み書き、計算などができた人ってどのぐらいいたのでしょうか?多分、少数派だと思います。西洋では聖書などを読める人が知識人として一般大衆から尊敬され、多くの人が周りに集まりその知恵を授かろうとして文字を読める人に一目置いていました。...

プログラミング学習していて思うんですけど、英語勉強をしておいて良かったと。基本、プログラミングって機械言語を人間がわかりやすいようにロジックにそって作り上げたものだと思っています。だから英語を習得している人にはプログラミングの構文、文法などが違和感なく入ってきます。これは大きなアドバンテージだったなぁ、とつくづく感じるわけで。

ABOUT ME
Kz
19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!
Knowledge Is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに『異なる環境へ適用する能力』だと思います。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになります。

当たり前のことですが成人してからの個人はすべて自己責任です。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなります。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい!

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われます。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうでしょう?例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってきます。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がるのです。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってきます。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができません。

まず何かを知ることからはじめたらどうでしょうか?無知は無恥につながるが何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思います。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはまし。

自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味に。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのでしょうか。自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんあります!!大前研一氏も言っています、

自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

想像して創造すれば君は何処へでも行ける!

同じカテゴリー内、お勧め記事です!っていうか読んで欲しい記事かなぁ・・・