Kz

【 圧巻XGパフォーマンス 】日本人女性グループ、KPOP音楽番組出演で新しい時代が始まる感じ

【 圧巻XGパフォーマンス 】日本人女性グループ、KPOP音楽番組出演で新しい時代が始まる感じ

1番の驚きは日本人女性グループなのに可愛いで攻めるのではなく、クール系で勝負に出ているところ。曲調といい、ダンスといい、今まで存在してこなかった実力も備えた日本人女性グループ誕生に嬉しい。初めから世界を目指しているんです。で、KPOP業界でも存在感を確立していく姿勢。生半可ではできない覚悟を感じますし、売れて欲しい、世界で。

「XG」、皆さんパフォーマンス観ました?これ全員日本人、で、英語歌詞でバリバリに攻めてくる感じ、で、全員のビジュアルがやばい、で、ダンスパフォーマンス凄すぎ、で、メンバー 7人構成で4人ラップ、3人ボーカルという強さ、で、日本人女性グループなのにKPOP音楽番組出演という快挙。なんじゃこの子たちは、という感じでしょうか。

日本人もやればできるじゃん、という話ではなくて、純粋に世界を狙えるレベルです。日本の音楽業界、ガラパゴス化してるとか言われてましたけど、このような子たちが出てくる時代なんだなぁ、と感心してます。デビューまで5年間練習してきたというから、「AVEX」でも秘密兵器として温存していたのでしょう。KPOP界が大慌てなんじゃないでしょうか。

だって女性グループだったら「Blackpink」が一様世界、まぁアメリカ市場で知られている感じで、「Twice」が少々、で、KPOP第4世代からどのグループが世界へ進出してくるんだとファンは楽しみにしていたわけです。今年2022年の上半期だけでも実力があるKPOP女性グループの誕生は凄いものがありましたから。

でも「XG」がその景色を一気に変えてしまった感じがしてます。「BTS」に続くビルボード1位を狙えるのは現時点ではもしかしたら日本人女性グループの「XG」が一番近いのではないか、とさえ思わせてくれる。嬉しいじゃないですか。「BTS」は活動休止を発表しましたし、アメリカ市場でもどのグループが成長してくるのか注目していたはずです。

【遂に!】KPOPが英語圏へ本格進出か、巨大マーケットを取りに行く理由とはではどうしてKPOPや韓国エンターテイメントは韓国国内市場ではなく、外のマーケットへと進出していくのでしょうか?それは自国内マーケットが小さく、儲けるのには、サバイバルしていくには外へと展開していくしかないのだと思います。これが良い意味で韓国エンターテイメントをレベルの高いものに仕上げている理由です。...

XGメンバー構成

2022年3月18日に「Tippy Toes」でデビュー。ここでは私、完全にノーマーク。日本人だけで構成されたグループがデビューするという話は聞いていたんですけど、そこまで興味がありませんでした。日本のレコード会社「AVEX」と韓国の芸能プロダクション「XGALAX」との共同プロジェクト。「YG」エンターテイメントが絡んでいる記事も。

「XG」のプロデュースを手掛けたのが韓国ボーイズグループ「DMTN」のメンバーだったサイモン氏。韓国人の父親と日本人の母親を持つハーフだそうです。「XG」の名前の由来は「Extraordinary」と「Girls」の頭文字から抜粋。HIP HOP/R&Bガールズグループ「XG」。14名ほどデビューメンバー候補として練習、「Kep1er」のHikaruちゃんも含まれていたそうで、「Kep1er」解散後、「XG」に合流するという記事もありました。

Jurin(ジュリン、20)、Chisa(チサ、20)、Harvey(ハーヴィー、19)、Hinata(ヒナタ、20)、Juria(ジュリア、17)、Maya(マヤ、15)、Cocona(ココナ、16)の7人構成。まずリーダーのJurin、モデル、プロスノーボーダー、ビジュアル美人さんです。ラップも凄いしダンスもキレキレで彼女のパフォーマンスに目がいってしまいます。

声が美しいChisa、圧巻のボーカル力。オーストラリア人の父親と日本人の母親を持つハーフ、ハーヴィー、まず手足が長いんでダンスが目立ちます、で、特徴のある声質からのラップ。彼女のパフォーマンスにも目がいってしまいます。JurinとHarveyでラップ動画がユーチューブに上がってます。昭和世代の私はただただ、憧れるだけです(笑)。 

私的にはビジュアル一番のHinata、「YG」エンターテイメントの新ガールズグループ候補メンバーだったという噂。歌声最高のJuria、「XG」はChisaとJuriaの歌唱力が成功の鍵を握っているといっても過言ではないし、世界に通用するボーカル力を備えています。グループ内マンネがMaya、15歳というから驚き、堂々としたラップパフォーマンスは正に恐いもの知らず。キレキレラップのCocona、彼女もまだ16歳というから驚きでしかないです。

【KPOP】第4世代デビューブームはまだまだ続く、世界を目指す熾烈な競争激化【2021年ガールズグールプベスト10】日本以外でも中国とか、東南アジア市場に大きな期待を寄せて、それらの地域からメンバーを参加させ、グループ構成させるという動きがデフォルトになりつつあります。台湾、インドネシア、タイ、などKPOP人気、大きな市場が育って来ていますからこれらの動きも今後、益々活発になっていくことでしょう。...

日本人女性グループなのにクール系で勝負

1番の驚きは日本人女性グループなのに可愛いで攻めるのではなく、クール系で勝負に出ているところ。曲調といい、ダンスといい、今まで存在してこなかった実力も備えた日本人女性グループ誕生に嬉しい。初めから世界を目指しているんです。で、KPOP業界でも存在感を確立していく姿勢。生半可ではできない覚悟を感じますし、売れて欲しい、世界で。

KPOP業界もビックリしているでしょう。既にKPOPの実力は世界に証明済。ダンスに歌唱力、ラップなどのパフォーマンスも一流で、ビジュアルもアジア美人。でも世界の市場に出ていけてない。なぜか?韓国語で歌っているので本当にKPOPが好きでないと、そこまで世界で需要があるとは言えないんです。だから今どこの事務所も世界を目指す、なんです。

そこへいきなり日本から、あの可愛くてぶりっ子で実力がなくても売れてしまっていた日本音楽業界から世界を狙える女性グループが誕生してきたからビックリ。ダンスも行ける、歌唱力も抜群、ラップのパフォーマンスもOK、ビジュアルも申し分なく美人さん、で、英語で歌える、英語でパフォーマンスができる、世界へ行ってらっしゃい、となるわけです。

「Twice」がやっと英語歌詞での曲を増やし始めた時にいきなり全曲英語で勝負ですから、KPOP業界、英語でのパフォーマンスがMUSTになっていくでしょう。凄いことになってきました、ファンは楽しみでしかないですけど、KPOPアーティストは大変でしょう。今年2022年上半期は「Kep1er」「Le Sserafim」「NIMMX」「Lapillus」と実力の揃ったグループ誕生ということであっという間に過ぎて行きました。

「XG」がセカンドシングル「Mascara」が6月終わりにリリースされて、ユーチューブで話題になり、で、渡韓してKPOP番組出演でその実力を披露して話題をさらっています。英語でのパフォーマンス、もう世界へ行けるじゃん、という感じでしょうか。ダンスもKPOP並みにOK、ボーカル力も、ラップパフォーマンスもOK、で、ビジュアルも揃っている。これが業界標準になっていくでしょう。英語はMustなんです!

「Blackpink」の「As If It’s Your Last」にダンスパフォーマンスが似ていませんか。「YG」エンターテイメントが絡んでいるということでニュアンスが伝わってきます。練習期間も5年という長い期間ですし、HarveyはLisaのように人気が出そう。JuriaはRoseかな、で、JennyがJurinでどうでしょう。「XG」が世界から発見される日はそう遠くない未来です。(ニューヨーク、タイムズスクエアで「XG」の電光掲示板広告が上がっていたのを目撃しました)

【放課後のときめき】KPOPオーディション番組の実力平均値を上げてしまったデビュー組7人は既に完成されている【CLASSy】韓国政府はエンターテイメント産業育成のために、海外からの留学生制度を設けることを発表。今までは会社とかどこかの事務所所属の練習生になる必要がありましたが、これからはビザを申請して学生としてKPOP練習生になることができます。「CLASSy(クラッシー)」含め、KPOP第4世代の実力は半端ないグループばかり。...

でも「XG」がその景色を一気に変えてしまった感じがしてます。「BTS」に続くビルボード1位を狙えるのは現時点ではもしかしたら日本人女性グループの「XG」が一番近いのではないか、とさえ思わせてくれる。嬉しいじゃないですか。「BTS」は活動休止を発表しましたし、アメリカ市場でもどのグループが成長してくるのか注目していたはずです。

ABOUT ME
Kz
19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!
Knowledge Is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに『異なる環境へ適用する能力』だと思います。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになります。

当たり前のことですが成人してからの個人はすべて自己責任です。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなります。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい!

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われます。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうでしょう?例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってきます。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がるのです。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってきます。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができません。

まず何かを知ることからはじめたらどうでしょうか?無知は無恥につながるが何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思います。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはまし。

自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味に。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのでしょうか。自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんあります!!大前研一氏も言っています、

自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

想像して創造すれば君は何処へでも行ける!

同じカテゴリー内、お勧め記事です!っていうか読んで欲しい記事かなぁ・・・