So What?

日本女子LPGAゴルフは今、アメリカ男子PGAゴルフの次に面白い

日本女子LPGAゴルフは今、アメリカ男子PGAゴルフの次に面白い

集まった利益はどうするのか?優勝金額をあげるということも、選手のモチベーションアップにつながるでしょうし、海外から有力選手招待する機会も増えると思います。

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ、申ジエ選手の凄いゴルフを見せつけられた感じで終了しました。今年の活躍ぶりも凄かったです。ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯、でツアー最終大会のメジャー3戦優勝という快挙。お見事です、申ジエ選手。

解説者がベタ褒めなんです、申ジエ選手のプレーに。韓国ツアー、アメリカツアーで賞金女王を獲得してきた選手。残りは日本ツアーだけ。イヤー、今年はチャンスと思って勝負していたと思います。でも残念、賞金女王は同じ韓国選手のアンソンジュ選手でした。申ジエ選手は惜しくも2位。申ジエ選手、日本ツアーでの賞金女王獲得するまで諦めないと思います。

シュークリーム
シュークリーム
申ジエ選手の気迫はテレビ画面越しの視聴者側にも伝わってきます。ということは実際の現場では凄い空気というかオーラ感が漂っているんでしょうね!
渋野日向子プロを観ていると全盛期の頃のタイガー・ウッズを思い出す渋野日向子プロ、また勝ちました。これで生涯獲得金額1億円突破ですか、去年までは全くの無名選手、今年序盤まではまったくんダークホース的存在。それがあっという間に時の人。行く先々のトーナメントでは渋野日向子プロを一目見ようと連日大賑わい。彼女、まだ若干20歳ですから、たいしたものです。これだけ注目されても浮き足立っていないところ、好感持てます。落ち着いてますしねぇ・・・...
【提案】日本女子プロゴルフが独自インターネット中継をするとなぜ良いのか? → 世界中の人にネット観戦してもらえる【目指せ世界No. 1ツアー】イヤー、今年の日本女子プロゴルフツアーは面白かったです。賞金女王争いが最終日まで縺れるなんて誰が予測したでしょうか。最後は鈴木愛プロが見事賞金女王のタイトルを獲得しましたけど、渋野日向子プロの活躍ぶりには驚くばかりの一年でした。他にも魅力ある黄金世代の活躍あり、アマチュアだったプラチナ世代の飛躍ぶりに、ホント盛り沢山。...

私が日本女子LPGAゴルフに注目しているところ

それにしても今年は日本女子LPGAゴルフにハマりました。下手したらアメリカ男子PGAゴルフより面白いかもしれません。ゴルフのパワーぶり、凄いプレーぶりはアメリカ男子PGAゴルフには敵いませんが、日本女子LPGAゴルフには可愛い選手、綺麗な選手と華が多いのが特徴でしょうか。観ていて飽きません!まっゴルフもアマチュアには参考になるかな(言い訳)。

私のお気に入りは可愛くて綺麗でゴルフスイング観ていて飽きない選手。松田鈴英、テレサ・ルー、ユン・チェヨン、福田真未、原英莉花。テレサ・ルー選手と福田真未選手以外はまだ優勝していないので来年注目です。特に松田鈴英選手、ユン・チェヨン選手、原英莉花選手は優勝したら一気に人気度が急上昇するでしょう。楽しみです!!

クレープ
クレープ
若くて綺麗で勝負師である女子ゴルファー、充分魅力的です。で、不器用なりにも自分の可能性に挑んでいく!このような理由からオジさん連中はファンになっていくんです(笑)

後、観ていて面白いなぁ、と感じるところは若い選手たちの活躍ぶり、世代交代が進んでいて優勝争いというより、シード権取れるかどうか、それ以前に、予選通過できるかどうか、もっと進んで大会に参加できるかどうか、という感じの激しい競争が繰り広げられているのです。プレーしている選手たちは大変でしょうが、観ているファンにとっては面白い展開。

特に若い世代の活躍ぶりは観ていて面白いです。怖いもの知らずというか、こういう時って、勢いがありますし、下から上がってくるときは上しか見ていないので、ゴルフに集中できるというか楽しくて仕方がないと思います。逆にベテラン勢は下からの追い上げプレッシャーを感じているはず。来年のシード権失った選手、多かったと思います。これらの選手たちの巻き返しも楽しみ。日本女子LPGAゴルフは充実するでしょう。

ちなみに今季ツアー初優勝をしたのは永峰咲希、新垣比菜、ペ・ヒギョン、岡山絵里、K・ギルマン(アマチュア)、大里桃子、香妻琴乃という顔ぶれ。複数優勝者が少なかったのも今年の特徴で、先週はこの選手、来週はこの選手といった感じでした。黄金世代とかプラチナ世代という言葉も多く聞かれた今季。20歳前後の選手たちの活躍ぶりが凄かったんです。

どら焼き
どら焼き
若い女子って勢いがありますよね、良い意味で怖いもの知らずというか。挑戦!若者の特権です。

どうしてアメリカ女子LPGAゴルフは人気がないのか

女子LPGAゴルフはアメリカ女子LPGAが主戦場となっていますが、男子PGAよりも人気がありません。理由はいくつかあると思うんですけど、まずTV中継が少ない、あっても2時間程度のハイライト的TV中継でもちろんライブ放送ではなく編集されたもの。畑岡奈紗選手とか応援したいんですけど、活躍して上位にでも残らないとTV中継枠で映らないという始末。

こんなんですから、アメリカ女子LPGAゴルフで活躍している選手など、身近に感じることができないんです。アメリカ男子PGAゴルフなんて世界中からアクセスしてきますけど。一度、アメリカ女子LPGAゴルフのメジャー大会を観にいきましたがギャラリーの少ないこと。ファンは近くで観ることができるので楽しかったですけど、運営側としてはどうなんでしょう。

アメリカ女子LPGAゴルフのメジャー大会を観にいきましたがギャラリーの少ないこと。ファンは近くで観ることができるので楽しかったですけど・・・

韓国人女子選手の活躍が目立つというのもあるでしょう。アメリカ人のマジョリティーには受け入れられない事実なんです。同じアジア人として悲しいけど受け入れないといけない現実でしょうか。昔なんて英語でインタービューに応じることのできない選手はアメリカ女子LPGAゴルフでは歓迎しないようなムードが実際ありましたから。

で、ここで負けないのが韓国人女子選手たちの凄いところ。じゃぁ、っていうんで、アメリカ女子LPGAゴルフに参加することが決まり、アメリカへ住居を構え、真剣にゴルフで戦い、普段の生活では語学、生活習慣を自分の中に取り入れていったんです。結果、優勝しても韓国人女子選手、普通に英語でインタビュー応じていますから、お見事です。

ドーナッツ
ドーナッツ
韓国女子ってまず気持ちで負けていないんです。アメリカ女子LPGAゴルフで戦うことは、もうKLPGAには簡単には戻れない、という覚悟を強いられるのかもしれません!

英語でインタービューに応じることのできない選手はアメリカ女子LPGAゴルフでは歓迎しないようなムードが実際ありましたから・・・

運営側はアメリカ人選手の活躍ぶりを期待したいところですけど、今頑張っているのはレクシー・トンプソンぐらいですか。当分の間、アジア人女性が活躍することになりそうなのがアメリカ女子LPGAゴルフでの状況です。世界中から凄い選手が集まってくる大会環境なのにあまり注目されない。人それぞれの価値観もあるでしょうけど、私なんか、日本女子LPGAゴルフから出て行かなくても国内ツアーで十分じゃない、というのがあるんですけどいかがでしょう?

インターネット配信して世界市場へ進出するチャンス

ということで、日本女子LPGAゴルフ、絶対に観たいファン層が世界中にいるはずなんです。華のある選手たち、若手とベテランの混沌とした中での熾烈な優勝争い、アマチュアも参考にできる身近なゴルフプレー。安心、安全、清潔で食べ物も美味しい、とくれば日本女子LPGAゴルフを実際に観に行ってみたいというファン、世界中にたくさんいるはずです(私はその一人)。

華のある選手たち、若手とベテランの混沌とした中での熾烈な優勝争い、アマチュアも参考にできる身近なゴルフプレー。安心、安全、清潔で食べ物も美味しい。

日本国内だけのTV中継はもったいない、海外にこそ需要がある、と思いませんか?解説者で英語できる人がいなくても、英語でサブタイトルでもいいから英語で配信することから始めてみてはいかがでしょう。世界市場へリーチできるはずです。狙いはアジア圏の富裕層。少子高齢化社会で日本人をターゲットにしても先行き心細いだけでしょうし、アジアの経済圏、富裕層ならば億単位でマーケットに引き寄せてくることができると思います。

バームクーヘン
バームクーヘン
インターネットの可能性を運営側はもっと信じて欲しいです。マーケットは存在しているのですから、後は取りに行くだけの話。分からない事は現状維持で済ます、日本人の特徴です、悪い方の!

利益は日本女子LPGAゴルフへの再投資

で、集まった利益はどうするのか?優勝金額をあげるということも、選手のモチベーションアップにつながるでしょうし、海外から有力選手招待する機会も増えると思います。それにより、益々大会が魅力的になる。後、スポンサーから独立することもできるでしょうし、独自の運営目標を掲げたり、魅力的なツアー大会主催へとアップグレードできるはずです。

日本女子LPGAゴルフ試合会場環境整備で選手もファンも安心、安全、綺麗で食べ物も自然も素晴らしい日本女子LPGAゴルフとなるのです。ここまで整ったら世界のゴルフ女子は日本女子LPGAゴルフーを目指すと思いませんか?アメリカ女子LPGAゴルフより人気が出る可能性、十分にあります。ファンとの繋がりも日本女子LPGAがサポートしてあげる体制へと。5年後、10年後、どうなっているでしょうか?

少子高齢化社会で日本人をターゲットにしても先行き心細いだけでしょうし、アジアの経済圏、富裕層ならば億単位でマーケットに引き寄せてくることができると思います。

ABOUT ME
Kz
19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!
Knowledge Is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに『異なる環境へ適用する能力』だと思います。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになります。

当たり前のことですが成人してからの個人はすべて自己責任です。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなります。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい!

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われます。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうでしょう?例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってきます。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がるのです。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってきます。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができません。

まず何かを知ることからはじめたらどうでしょうか?無知は無恥につながるが何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思います。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはまし。

自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味に。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのでしょうか。自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんあります!!大前研一氏も言っています、

自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

想像して創造すれば君は何処へでも行ける!

同じカテゴリー内、お勧め記事です!っていうか読んで欲しい記事かなぁ・・・